ドメイン・レンタルサーバー

新コアサーバー:無料SSL設定~ワードプレス側の設定まで

更新日:

この記事では、「CORESERVER(コアサーバー)」で「無料SSL」を設定し、ワードプレス側でも「SSL(https)化」したアドレスを反映させるための手順を説明します。

ちなみに「無料SSL」と「有料SSL」とがありますが、普通のブログを運営するだけなら「無料SSL」で十分です。

※気になる方はこちらを参照してください。

参考「無料のSSL証明書」と「有料のSSL証明書」の違い

コアサーバーで無料SSLを設定する

まずはコアサーバーで無料SSLを設定する手順を説明します。

step
1
コアサーバーへログインする

新コアサーバーのダッシュボードへログインします。

 

step
2
サイト設定画面を開く

サイト設定画面にあるサイト一覧から、SSL化したいドメインを選びます。

①:左メニューの「サイト設定」をクリック

②:無料SSLを設定するドメインをクリック

 

step
3
サイト設定変更画面を開く

無料SSLを設定するドメインの「サイト設定の変更」をクリックする。

 

step
4
無料SSLにチェックを入れる

「サイト設定の変更」が表示されたら、下へスクロールする。

①:SSLの項目のチェックを「しない」→「無料SSL」に変更する。

②:「サイト設定を変更する」をクリック→設定完了

 

step
5
無料SSLを設定できているかチェックする

サイト設定画面と、サイト一覧画面を見て、SSL設定が「無料SSL」に変更できていたら完了です。

これで無事、コアサーバー側でSSL化できました。

次はSSL化したアドレス(https)をワードプレス側で設定する手順をご紹介します。

 

ワードプレスで設定したアドレスに変更する

コアサーバーで設定した無料SSLは、ワードプレス側でアドレス登録しないと反映されません。

「保護されていない通信」になってしまいます。

これを、SSL化したアドレス「https://~~~~」になるようにワードプレス側で設定します。

 

step
1
「設定」→「一般」をクリック

ワードプレスにログインし、左メニューの「設定」→「一般」の順にクリックする。

 

step
2
アドレスを変更する

「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」を「http://」→「https://」に変更する。

 

step
3
「変更を保存」をクリック

画面の一番下までスクロールし、「変更を保存」をクリックする。

 

step
4
ログインする

「変更を保存」をクリックすると、ログイン画面に戻るのでもう一度ログインする。

 

step
5
アドレスバーを確認する

アドレスバーを見て「 icon-exclamation-triangle 保護されていない通信」→「https://~~~~」に変わっていたら成功です。

 

まとめ

今回は、新コアサーバーでの無料SSL(https)設定の手順~ワードプレス側での設定までをご紹介しました。

この順番通りにやれば問題なく無料でSSL化できるので、新コアサーバーを使う際はぜひ参考にしてください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
KAZU

KAZU

管理人の「KAZU」です。

外注化したアドセンスブログのみで月100万円を狙うアラフォー親父。

息子に「夢は何歳になっても叶うんだ」ということを背中で語るために日々勉強しチャレンジしております。

-ドメイン・レンタルサーバー

Copyright© 今を超えていく , 2019 All Rights Reserved.